お客様本位の業務運営に関する方針

2019年3月25日
SGアセットマックス株式会社

 

 

お客様本位の業務運営に関する方針

 

 

1.お客様本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

(1)方針の策定

SGアセットマックス株式会社(以下「当社」といいます。)は、「顧客本位の業務運営に関する原則」(2017年3月30日金融庁公表)をすべて採択し、これを踏まえて策定した以下内容の「お客様本位の業務運営に関する方針」(以下「本方針」といいます。)に基づいて業務を遂行します。

(2)お客様

本方針において、次の方々を「お客様」と記載しています。

  • 当社が資産運用業務を受託するSGAM投資法人(以下「本投資法人」といいます。)とその投資主様
  • 当社が投資運用業務を受託する不動産私募ファンド(以下「受託ファンド」といいます。)と受託ファンドに出資されている投資家様

(3)今後の取組状況

今後、年度毎に本方針の取組状況を確認し、必要に応じて本方針を見直しします。
また、確認した取組状況や、見直しをした本方針は、当社のホームページでの公表又は個別のお客様へのお知らせにより、お伝えします。

 

2.お客様の最善の利益の追求

(1)本投資法人

本投資法人については、予め定めた方針に基づき、中長期的かつ安定的な運用と分配金支払を続けることがお客様の最善の利益につながると考え、その実現に向け、誠実・公正に業務を遂行します。

(2)受託ファンド

受託ファンドについては、ファンドにより投資目的等も異なることから、お客様の最善の利益も多様であると考え、組成時にお客様及びその他関係者と十分な意見交換を行い、それを踏まえた上で、誠実・公正に業務を遂行します。

 

3.利益相反の適切な管理

(1)お客様と利害関係人との利益相反

本投資法人や受託ファンドの安定的な運営及び持続的な成長には、当社の利害関係人との取引や適切な連携が有用である一方、利害関係人との取引価格水準等については、利益相反の可能性が生じます。

(2)お客様間の利益相反

本投資法人と受託ファンドの投資対象が重なる場合等には、当社が入手する物件情報の取扱い等について、お客様間で利益相反の可能性が生じます。

(3)利益相反管理態勢

お客様本位の業務運営実現のため、利益相反を適切に管理することは非常に重要であるという認識のもと、当社では次のように利益相反管理態勢を整備し、運営しています。

①利害関係人の管理
法令上の対象者に加え、より幅広い当社基準で「利害関係人」を規定し、具体的に特定して管理しています。

②利害関係人取引の意思決定、制限

  • 利害関係人との間での物件売買等の重要な取引には、独立性を有するコンプライアンス・オフィサーが事前審査の上、社外有識者も参画するコンプライアンス委員会及び私募リート投資委員会又は私募ファンド投資委員会の審議・決議を経て、取締役会の決議を取得するなど、厳格な意思決定フローを整備し、実践しています。
  • 本投資法人が利害関係人との間で物件売買等の重要な取引を行うには、例えば鑑定評価額との比較等、所定の基準を充足することを要する等の制限を加えています。

③本投資法人と受託ファンド
当社が入手する物件情報は、本投資法人が優先的に検討し、投資基準には合わないと判断した場合のみ受託ファンドで検討するルールとしています。
ただし、物件売主や投資家から指定された場合等は、例外的に私募ファンドを優先して取り扱うことがあります。

 

4.手数料等の明確化

(1)当社の運用報酬

お客様から当社が直接・間接に受領する運用報酬は、運用委託契約等により予め料率や計算方法等を明確に規定し、これに則って計算したものです。

(2)業務委託報酬等

様々な局面で活用する外部専門家等に対する業務委託報酬等は間接的にお客様にご負担いただくものですが、適切な料率等となるように当社にて検証の上、決定しています。

 

5.重要な情報のわかりやすい提供

(1)当社のお客様の特徴

本方針公表日現在、当社のお客様はすべて金融・資本市場、不動産市場に関する十分な知識・経験をお持ちの法人(金融商品取引法上の特定投資家)です。

(2)お客様への情報提供

①当社の姿勢
当社はお客様に対し提供する情報について、正確で、わかりやすく、お客様にとって有用な情報を、タイムリーに提供することが重要であると考え、その実現に努めています。具体的には次のとおりです。

②本投資法人
法令等に基づく開示資料はもちろんのこと、本投資法人のホームページでの様々な情報に、専用のパスワードを用いてアクセスいただくようにしており、新着情報の発信時には、個別のお客様あて電子メールでお知らせしています。
また、お客様に対する投資勧誘等を行う証券会社と連携し、いわゆるIR活動等にも真摯に取り組んでいます。

③受託ファンド
個別のお客様あてに、必要な情報をタイムリーに提供させていただきます。

 

6.お客様にふさわしいサービスの提供

(1)本投資法人のお客様のニーズと当社のサービス

中長期的かつ安定的な運用と分配金の受領が、本投資法人のお客様のニーズであると考えており、その実現に向け、予め定めた投資方針に基づき、誠実・公正に業務を遂行します。

(2)受託ファンドのお客様のニーズと当社のサービス

ファンドにより投資目的等も異なることから、組成時にお客様及び関係者と十分な意見交換を行い、個別のお客様のニーズを踏まえた上で、その実現に向け、誠実・公正に業務を遂行します。

 

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

以上のような本方針を実現するためには、各施策の担い手となる当社の人材がカギとなります。そこで、業務品質の向上に必要な知識習得等のため、従業員に自己啓発や資格取得を奨励・支援しているほか、社内外の様々な研修を受講させる等の取組みを行っています。

 

以 上

 トップへ戻る

SGAM投資法人